ローリーズファームの
人気ニットでつくる
着まわしストーリーズ。

秋冬の大本命トップス「ニット」を主役に
“気分が変わる”2つの着まわしをご紹介。
配色から小物使いまで
ニットの魅力を引き出すアイデアを参考にしてみて。
アイテム&着こなしのポイントを解説した
スペシャルムービーも要チェックです!

シンプルになりがちな秋冬コーデの
アクセントに大活躍するのが柄ニット。
選ぶなら差し色の効いたフェアアイル柄がいちおし!
¥4,500+tax

着方で広がるバリエーション。

STYLE01のように、ニットをあえて「インで着る」という発想で着こなしにバリエーションが広がります。フェアアイル柄を引き立てながらすっきりとしたバランスに。ニットの柄にピンクが入っているので、グレー×グリーンの配色も好相性。ボトムスとソックス、素材感の異なるグリーンの組み合わせがアクセントになっています。STYLE02はニットをアウトで着て、柔らかいスカートを合わせたリラックススタイル。フェアアイルニットの雰囲気を生かしたゆるい着こなしで気分を変えて。

  • KNIT

    4,500

  • PANTS

    4,500

  • SOCKS

    800

  • SHOES

    4,500

CHECK! Web Store CHECK! Web Store
  • KNIT

    4,500

  • TURTLE KNIT

    3,500

  • SKIRT

    5,000

  • SOCKS

    800

  • BOOTS

    5,500

CHECK! Web Store CHECK! Web Store

編み地の立体感にこだわり、
シンプルなのに存在感のあるケーブルニット。
ユニセックスなムードでテイスト問わず合わせやすいのが◎。
¥4,500+tax

ユニセックスで合わせやすい万能ニット。

トレンドのチェックパンツに合わせてカジュアルに着こなしたSTYLE01のニットスタイル。さらりと1枚で着ても決まるのは、シンプルながら存在感のあるケーブルニットだからこそ。また、ローゲージなので羽織感覚で使えるのも魅力。STYLE02のようにワンピースの上からレイヤードするのもおすすめの着こなしです。ワンピースは同柄のスカートを重ねてボリューム感を出しているのもポイント。ユニセックスな雰囲気のニットなのでボトムスとソックスの柄×柄合わせもバランスが取れます。

  • KNIT

    4,500

  • PANTS

    4,500

  • CAP

    1,900

  • SHOES

    5,500

CHECK! Web Store CHECK! Web Store
  • KNIT

    4,500

  • ONE-PIECE

    6,000

  • SKIRT

    5,000

  • SOCKS

    800

  • SHOES

    4,500

CHECK! Web Store CHECK! Web Store

もちもちとした着心地のいい素材に、
静電気を抑える加工と手洗い可能の機能が付いた優秀ニット。
お尻が隠れるシルエットも魅力!
¥4,000+tax

ベーシックニットならではの遊びを。

着心地のよさと機能性がうれしいモチモチニットは、ベーシックなデザインなので小物使いが効いてきます。STYLE01のようにオールブラックに映えるヒョウ柄バッグやピンクのブーツで大人な遊び心をプラスして。またトレンドアイテムと合わせやすいのもベーシックニットの強み。STYLE02のような存在感のあるヒョウ柄スカートも自然に取り入れることができます。足元は赤いブーツをアクセサリー感覚で取り入れて。ニットはお尻が隠れる丈感で体型カバーができるのも高ポイント。

  • KNIT

    4,000

  • PANTS

    5,000

  • CASQUETTE

    2,500

  • BAG

    3,500

  • BOOTS

    6,000

CHECK! Web Store CHECK! Web Store
  • KNIT

    4,000

  • SKIRT

    5,000

  • CASQUETTE

    2,500

  • BOOTS

    5,500

CHECK! Web Store CHECK! Web Store

PHOTO&MOVIE

OSAMU YOKONAMI

ITEM PHOTO

SHINSUKE SATO

STYLING

MANA YAMAMOTO

HAIR & MAKE-UP

MIKA IWATA[mod’s hair]

MODEL

MITO YOKOTA[LIGHT management]

MOVIE EDIT

AIRI KIKUTA

Share

WHAT'S NEW

MORE