LET'S PLAY COLORS

春のメイクは、カラーで遊んで。

カラフルなアイテムがトレンドの今シーズン、
メイクも“色”で遊んでみては?
コーディネートのスパイスになる
メイクを提案してくれたのは、
自由な発想とセンスから生み出される
ヘアメイクが魅力のHITOMI MATSUNOさん。
3つのポイントカラーを使ったメイクのアイデアを、
ぜひ参考にしてみてください。

PHOTO_YUKI KUMAGAI
/ HAIR & MAKE-UP_HITOMI MATSUNO

MODEL_TSUGUMI[donna]

YELLOW / PURPLE / BLUE

SPECIAL 2017.3.31 UP

EAR / YELLOW

アクセサリー感覚でメイクも冒険!

【1】ベースメイクはナチュラルに、コーンシーラーとパウダーのみを使って素肌に近い質感に仕上げて。

【2】 耳たぶ全体とフェイスラインにかけて〈メイクアップフォーエバー カラークリーム 504 イエロー〉をぼかすように入れる。チークのかわりに耳に入れた黄色に近いゴールド系のシャドウ〈M・A・C ダズルシャドウ アイ ライク 2 ウォッチ 〉をごく薄く入れる。

【3】 アイメイクはゴールドやブラウンなどの暖色系のカラーでまとめて、耳のメイクとの統一感を出すのがポイント。アイホールのくぼみに〈M・A・C ダズルシャドウ アイ ライク 2 ウォッチ〉をぼかすように入れる。目の下のインラインに〈ジバンシイ コール・クチュール・ウォータープルーフ 02 チェスナッツ〉を目尻側に3ミリ程すっとひく。その上から〈アディクション ザ アイシャドウ 068 Nostalgia〉をぼかすように入れる。

【4】リップは、〈M・A・C リップスティック ブランキッティ〉を手でポンポンとぼかしながらつけて。

【5】 ネイルは耳のイエローが目立つように、リップと同系色の〈ジバンシイ〉ヴェルニィ・ジバンシイ 03 ローズ・タフタ〉をチョイス。

アクセサリー感覚でメイクも冒険してもいいのでは? イアリングとメイクのイエローをリンクさせることで、境界線のないおしゃれを楽んで。

    • SHIRT
    • ¥3,900 +tax
    • BUSTIER
    • ¥4,500 +tax
    • SKIRT
    • ¥3,900 +tax
    • EARRINGS
    • ¥1,500 +tax
    • SHOES
    • ¥4,500 +tax
BUY
BUY

NAIL:〈ジバンシイ〉ヴェルニィ・ジバンシイ 03 ローズ・タフタ ¥3,000+TAX、EYELINER:〈ジバンシイ〉コール・クチュール・ウォータープルーフ 02 チェスナッツ ¥3,200+TAX(パルファム ジバンシイ 03-3264-3941)、LIP:〈M・A・C〉リップスティック ブランキッティ ¥2,900+TAX、EYE SHADOW:〈M・A・C〉ダズルシャドウ アイ ライク 2 ウォッチ ¥2,900+TAX(M・A・C 03-5251-3541)、EYE SHADOW:〈アディクション〉ザ アイシャドウ 068 Nostalgia ¥2,000+TAX(アディクション ビューティ 0120-586-683)、COLOR CREAM:〈メイクアップフォーエバー〉カラークリーム 504 イエロー ¥3,600+TAX(メイクアップフォーエバー 03-3263-8288)

EYE / PURPLE

新しいパウダーづかいにトライ。

【1】 ベースメイクは、透明感を出すためにピンクベースの下地をチョイス。コンシーラーで気になる部分をカバーしたら、仕上げはパウダーでナチュラルな質感に。

【2】 アイメイクはまず最初に、シルバーのアイシャドウ〈RMK インジーニアス パウダーアイズ N 18 メタリックシルバー〉をアイホールと目頭に入れ、シャイニーなベースをつくる。目の下のインラインに紫のアイライナー〈ジバンシイ コール・クチュール・ウォータープルーフ 06 ライラック〉をひき、紫のアイシャドウ〈RMK インジーニアス パウダーアイズ N 12 パープル〉を目の下に三角形を描くようにぼかして入れる。透明マスカラでまつげを仕上げ、きらきらとした輝きを放つ〈メイクアップフォーエバー〉ダイアモンドパウダー 14 ベビーモーブ〉を オン。パープルをキーカラーにアイメイクをまとめて。

【3】 リップは〈M・A・C リップスティック プリティー プリーズ〉を塗った上に〈RMK カラーリップグロス 09 オレンジシナモン〉をたっぷりとのせ、春らしい口元に。

【4】 ネイルは〈アディクション ザ ネイルポリッシュ 024C Pink Sand〉をセレクト。寒色系のカラーでメイクとの統一感を出して。

この春はカラーマスカラではなく、新しいパウダーづかいでアイメイクをブラッシュアップ! 目元に雪を降らせるイメージで、まつげにパウダーをのせるのがポイントです。

    • ONE PIECE
    • ¥5,000 +tax
    • TANK-TOP
    • ¥2,500 +tax
    • PANTS
    • ¥3,900 +tax
    • NECKLACE
    • ¥1,000 +tax
    • NECKLACE
    • ¥1,500 +tax
    • PUMPS
    • ¥5,000 +tax
BUY
BUY

LIP GLOSS:〈RMK〉カラーリップグロス 09 オレンジシナモン ¥2,200+TAX、EYE SHADOW:〈RMK〉インジーニアス パウダーアイズ N 12 パープル・18 メタリックシルバー 各¥2,200+TAX (RMK Division 0120-988-271)、DIAMOND POWDER:〈メイクアップフォーエバー〉ダイアモンドパウダー 14 ベビーモーブ ¥3,200+TAX(メイクアップフォーエバー 03-3263-8288)、EYELINER:〈ジバンシイ〉コール・クチュール・ウォータープルーフ 06 ライラック ¥3,200+TAX(パルファム ジバンシイ 03-3264-3941)、NAIL:〈アディクション〉ザ ネイルポリッシュ 024C Pink Sand ¥1,800+TAX ※2017年4月28日発売(アディクション ビューティ 0120-586-683)、LIP:〈M・A・C〉リップスティック プリティー プリーズ ¥2,900+TAX(M・A・C 03-5251-3541)

LIP / BLUE

青リップは、黒を重ねてなじみよく。

【1】 肌はマットな下地とコンシーラー、パウダーファンデーションを使って、さらっとした質感に仕上げる。チークはピンク系のものを目の下から円を描くように入れて。

【2】 リップはきれいなブルーが春らしい〈M・A・C リップスティック ドリームポット〉をセレクト。ブルーのリップを塗った上からブラックのグロス〈アディクション リップグロス ピュア 003 Dark Knight〉をオン。鮮やかな色も上から黒を重ねることで、肌なじみがよくなります。遊び心のあるアレンジとして〈ジバンシイ ライナー・クチュール 1 ブラック〉で、口元にお花を咲かせました。

【3】 アイメイクはアイシャドウ〈M・A・C ダズルシャドウ フィール ザ フィーバー〉を、目頭を囲うように黒目の上下まで色をのせる。

【4】 グリーンのネイルは〈アディクション ザ ネイルポリッシュ 039C Nessie〉。口元のお花にリンクさせ、手元も植物のイメージで緑をセレクト。

今まで上級者向けだった紫や茶色、緑や青などのリップカラーが、ここ最近じわじわとブームに。そのままだと取り入れるのが難しい色ですが、上から黒のグロスを重ねることで肌なじみがよくなります。この機会に、いつもと違った色にトライしてみては?

    • LACE GOWN
    • ¥4,900 +tax
    • BUSTIER
    • ¥4,900 +tax
    • CAMISOLE
    • ¥1,500 +tax
    • PANTS
    • ¥3,900 +tax
    • SANDALS
    • ¥2,500 +tax
BUY
BUY

NAIL:〈アディクション〉ザ ネイルポリッシュ 039C Nessie ¥1,800+TAX ※2017年4月28日発売、LIP GLOSS:〈アディクション〉リップグロス ピュア 003 Dark Knight ¥2,500+TAX(アディクション ビューティ 0120-586-683)、LIP:〈M・A・C〉リップスティック ドリームポット ¥2,900+TAX、EYE SHADOW:〈M・A・C〉ダズルシャドウ フィール ザ フィーバー ¥2,900+TAX(M・A・C 03-5251-3541)、EYELINER:〈ジバンシイ〉ライナー・クチュール 1 ブラック ¥4,200+TAX(パルファム ジバンシイ 03-3264-3941)

HAIR & MAKE-UP

HITOMI MATSUNO
ヘアメイクアップアーティスト。ルトーア東亜美容専門学校卒業後、サロン勤務を経てMASAYUKI氏に師事。2013年に独立。自由な発想とセンスから生み出されるヘアメイクにはファンも多く、雑誌や広告などで幅広く活躍。