SPECIAL INTERVIEW for lowrys farm

浜辺美波と北村匠海が語る

キミスイファッション”。

浜辺美波と北村匠海が語る
“キミスイ”と“ファッション”

衝撃的なタイトルからは想像もできないほど
「泣ける!」と評判を得ている
ベストセラー小説『君の膵臓をたべたい』。
この夏、映画化が決定し、話題となっています。
映画のダブル主演を務めた浜辺美波さんと北村匠海さんに
映画の見どころについてお伺いし、
さらに、ふたりのプライベートの
ファッション観についても教えてもらいました!

KIMISUI / MOVIE / FASHION / INTERVIEW / MINAMI HAMABE / TAKUMI KITAMURA

SPECIAL 2017.7.26 UP

「クラスいち地味な主人公【僕】は、
自分とそっくりだと思いました」

――浜辺さん演じる桜良(さくら)は、膵臓の病気を患いながらも太陽のように明るい、クラスの人気者、一方、北村さん演じる【僕】は、他人に興味がなく、いつも本ばかり読んでいるクラスでいちばん地味なキャラクター。おふたりにとって、演じる役はどのような存在ですか?

浜辺さん(以下浜辺、敬称略):私にとって桜良は、理想の女の子で、憧れの存在ですね。脚本を読んだときに、こんなに素敵な子を演じることができるなんて、光栄だなと思いました。素の私はどちらかというと、【僕】寄りの人間なので…。【僕】とは真逆の、桜良の明るい輝きや、スピード感、人との距離の縮め方、すべてが私には眩しかったです。自分とはキャラクターがあまりにも違う桜良役は、その分、演じるときに戸惑ったり、難しく感じることもありました。

北村さん(以下北村、敬称略):原作・脚本を読んだときに「中学時代の自分にそっくりだ」と思いました。小説で「キミスイ」を読んだ人たちからも「匠海にぴったりだな」と言われましたね。まわりに壁をつくって他人に心を開かず、本の世界に閉じこもる【僕】と同じように、僕自身も、本やゲームが好きで、授業が終わると真っ先に家に帰って、ひとり芝居の稽古に出かけていました。当時は友達も本当に少なかったですよ。脚本を読んだだけで、【僕】の歩幅やクセがリアルに浮かび上がってくるような体験は初めてでしたし、まるで昔の自分を追体験しているかのような、運命的な出会いだったと思います。

――桜良の病気を偶然知ってしまった【僕】と桜良は、そのことがきっかけで少しずつ距離を縮めていきます。映画のなかで特にこだわったり、印象的だったセリフを教えてください。

北村:たくさんありますが、ひとつ挙げるならふたりで福岡デートしたあとに【僕】が「楽しかった」と桜良に言うセリフです。これまで人と関わったことなんてほとんどなかった人間が、誰かに向かって「楽しかった」と笑顔を見せることは、相当大きな一歩だと思うんです。【僕】の大きな変化が感じられるこのセリフは、すごく大事にしました。笑顔を出すにも笑いすぎないように、セリフには絶妙な“間”ができるよう、【僕】にとっての「楽しかった」を何度も練習しましたね。

浜辺:私は、「桜はね、散ったふりして咲き続けてるんだよ」というセリフ。この言葉には、桜良ならではの前向きな性格や独特の感受性が現れている気がします。あと、「桜はね〜」と言う言葉が、桜のことを言っているようで、実は桜良自身のことを言っているようにも思えて、印象的なセリフだと思いました。

ふたりの関係は、「大切」で「仲良し」

――桜良と【僕】の関係は、友情でも、恋愛とも言いにくい特別な関係ですよね。演じてみて、ふたりの関係やお互いの存在は、どのようなものだと思いますか?

北村:その気持ちについては、僕自身もすごく考えましたが、これまで恋愛もしたことない、友達もいなかった【僕】にとって、恋愛感情や友情っていうのは、よくわからないものだと思うんですよ。そう考えると、彼にとって桜良は“大切な存在”だったんじゃないかと思います。恋人としてもっと近づきたいとか、友達としてもっと親しくなりたいわけではなく、ただ一緒にいたい、何だかよくわからないけれど大切な人が突然できちゃったという感じ。それがいちばんしっくりきます。

浜辺:桜良は【僕】のことを、“仲良しくん”と呼んだり、人に“仲良し”と説明したり、仲良しという言葉を頻繁に使うのですが、私はそれがふたりの関係を表すのにぴったりの言葉かなと思います。【僕】に対しては、ほかの人にはない特別な感情があるのですが、桜良もそれを恋愛とは呼びたくなくて、あえて“仲良し”と言っていたんだろうと感じます。演じる上でもその気持ちを大切にしました。

――ところで、最初に顔を合わせた日、浜辺さんと北村さんはお互いにどのような印象でしたか?

北村:透明感があって、凛とした方だな、と。その印象は撮影が終わる2ヶ月後までまったく変わりませんでしたね。ぶれない人。ただ、初日にすぐ「桜良とは真逆の方なんじゃないかな」というのは感じました。もしかして【僕】や僕自身と同じようなタイプ…?かなって(笑)。

浜辺:ふふふ(笑)。私は、北村さんが初日にすごく個性的なファッションでいらっしゃったので、“陰”な雰囲気の【僕】役とは真逆の明るい方のように感じて、いったい【僕】をどのように演じるんだろう、と思いました(笑)。でも撮影が始まったらすぐに「陰っぽい感じがすごく板についている。ひょっとして同じタイプ…?」と気づきましたが(笑)。撮影中も、あちらの席に座っていると思ったら、次の瞬間には違うところにいたり、スタッフさんともすごく楽しそうにしていて、自由な雰囲気の方だなと思いました。

「映画からファッションを学ぶことも多いです」—— 北村

「ファッションアドバイザーのような友達が欲しいです」—— 浜辺

――初日の北村さんのファッションが印象的だったとのことですが、どのようなスタイルだったのですか?

北村:確か、和柄のシャツに袴パンツ、雪駄を履いて丸いサングラスだったかな(笑)。今でこそTシャツにデニムというスタイルも多いですが、その頃はそういうファッションにハマっていたんですね。

――オリジナリティがあっていいですね。おふたりは普段どのようなファッションが多いですか?

北村:ヴィンテージファッションがすごく好きです。3年ぐらい前だったかな、映画「ゴッドファーザー」を見て、40年代のダブルのスーツとかかっこいいなと思って。そこから古着にも興味をもちました。4、50年代のアロハシャツがおもしろそうだとか、その時代の映画のファッションから自分のなかでブームが起こることも多いですよ。最近は、Tシャツにデニムといったカジュアルな格好をしてますね。

浜辺:私は、カジュアルで楽なスタイルが多いです。最近は足が自由になるロングスカートをよく履いていますね。休日も、ほとんど外出はしないのですが(笑)、出かけるときは、シャキシャキ歩くよりはゆっくりと散歩したいので、体を締めつけないゆるいサイズ感のものが多いです。

――ショッピングで行くお気に入りの街はありますか?

北村:高円寺や祐天寺、三軒茶屋が多いです。買い物はだいたいひとりで行くので、まわるルートもなんとなく決まっていますね。直感的にいいと思ったら迷わず購入。反対に、今日はどうしてもこれが欲しいと意気込んで出かけても、ピンと来るものがなければ何も買わずに帰ってきます。買い物は出会いだと思っているので。

浜辺:私は石川県から上京してきたばかりなので、東京の街でショッピングをしたことは数える程しかないんですよ。土地勘がないので、自分の買い物ルートもまだなくて、正直どこをまわったらいいかもわかりません…。昔からかなりの方向音痴なので、「次はここ行こうよ!」とか「コレ似合うから!」と強く勧めてくれる友達がいたらうれしいですね。そういう人にはきっと素直に付いていくと思います(笑)。

――今日の服は着てみていかがでしょうか?

北村:今、プライベートでも開襟シャツを着ることが多いので、今日のファッションは好きです。デニムもよく履きますが、これは着心地もいいですね。全体のコーディネートも夏らしくて気に入りました。

浜辺:私は、ずっとボトムにインせずに着られる短いTシャツを探していたので、今日着ている服はまさに私が探していたものです。スカートの鮮やかな色も、普段だったら躊躇していたと思うのですが、着てみたら驚くほど落ち着いて、馴染む感じがしました。この夏は鮮やかな色のアイテムに挑戦したいという気持ちになりましたね。

――最近購入したお気に入りのアイテムやご自身がしてみたい気になるファッションがあったら教えてください。

北村:先日、ダメージジーンズ作りに挑戦したんです。色々教えてもらいながら、自分のアイデアも入れつつ…。結構気に入ってます!

浜辺:私は最近仕事で行った台湾で買ったふくろう柄のポシェットがお気に入りです。黒地のベースにカラフルなふくろう柄がたくさんプリントされていて、コーディネートのアクセントにもなりますし、よく使っています。

――今後してみたいファッションなどはありますか?

北村:今注目しているのは、かっこいい作業着。つなぎはもっているのですが、着てみたいのは作務衣ですね。それに革靴を合わせたり。無骨だったり、少しワイルドなものだったり、そういうファッションが好きなんです。

浜辺:私は、共演者の方でファッションの素敵な人を見ると、だいたい2、3か月後くらいにそれを思い出して、私もチャレンジしてみたいなと思うことが多いんですよね。「キミスイ」で共演した大友花恋ちゃんがカーキの服をよく着ていたのが素敵で印象に残っていて、今、カーキのアイテムなどを欲しいと思っています。あとは、普段はカジュアルなファッションが多いので、カチッとしたジャケットやパリっとアイロンのかかったシャツなど大人っぽいスタイルにも憧れますね。

――おふたりのファッション観も聞けて楽しかったです。ありがとうございました。

浜辺美波

2011年第7回「東宝シンデレラ」オーディションニュージェネレーション賞を受賞、同年『浜辺美波〜アリと恋文〜』で映画主演デビュー。NHK連続テレビ小説「まれ」への出演で話題となり、その後も『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』、『咲—Saki—』と出演。公開待機作に『亜人』9/30公開がある。

T-SHIRT ¥3,500+tax
SKIRT ¥4,900+tax
BUY
BUY
北村匠海

2008年『DIVE!!』にて映画初出演、2013年にはダンスロックバンド「DISH//」のメンバーとしてメジャーデビューし、音楽・映像それぞれのフィールドで活躍する。ドラマ『信長協奏曲』、『ゆとりですがなにか』、『仰げば尊し』と話題作への出演が続き、今後の活躍が期待される若手俳優。

INFORMATION

映画『君の膵臓をたべたい』
監督:月川翔
脚本:吉田智子
出演:浜辺美波 北村匠海 大友花恋 矢本悠馬 桜田通 森下大地 上地雄輔 北川景子 小栗旬
原作:『君の膵臓をたべたい』住野よる(双葉社刊)
http://kimisui.jp/

PRESENT CAMPAIGN

映画「君の膵臓をたべたい」
ブックカバー&プレスシートを
セットで3名様にプレゼント!

※応募期間は2017年8月15日(火)まで。
※当選の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。

応募はこちら

PHOTO_
Takahiro Otsuji[go relax E more]

STYLING_
Yumiko Segawa(浜辺美波) / ShinyaTokita(北村匠海)

Hair&Make-up_
Junko Kamata(浜辺美波) / Asako Satori(北村匠海)

Interview_
Noriko Oba